fbpx
フランスの家とは?|石川県金沢市の注文住宅・デザイン性・新築の家・戸建て|E-HOUSE

フランスの家とは?

フランスの家とは?

こんにちは、石黒です。

最近のご相談で大型リフォームをしたら良いか?

それとも新築にした方が良いかと?

一概には難しいのですが日本の場合木造住宅は25年もすれば価値はだいぶ下がります。

フランスなどはリフォームをすると価値は上がって行きますので

お金をかけても良いのです。

新築の時より価値があがることはざらにあるようで。

休日も多いのでDIYすることも多いようです。

 

フランスの家とは?|石川県金沢市の注文住宅・デザイン性・新築の家・戸建て|E-HOUSE

日本場合リフォームは新築の約1.5倍くらい掛りますので

それなりに費用をかけるなら新築の方が耐震・断熱を考えると

新築の方が良いと思います。

限りのある予算で考えないといけないのは難しいですので

そんな時は是非ご相談下さい。

状況応じたご提案を致します。

 

フランスの家とは?|石川県金沢市の注文住宅・デザイン性・新築の家・戸建て|E-HOUSE

フランスの古い家の構造は石積みでできているのがすごいですね。

そして日本でフレンチスタイルとされている住宅は

フレンチスタイルではなく、オランダスタイルに近いそうです。

それではまた

 

 

金沢市で木の家を建てるならE-HOUSEまでご用命ください。

フランスの家とは?の関連記事

熟練の作業

こんにちは篠平です。 かほく市学園台のH様邸がほぼ完成しました。 フレンチ感覚を作り出す作業の一つに左官があります。 上の写真はリビングの壁に漆喰塗り作業をしています。 左官屋さんはこのほかに外壁塗り、玄関の土間モルタル塗りなど 複数の作業をしてもらっています。 この職人さんは経験30年の熟練の技術者です。 道具箱を覗いてみると研ぎ澄まされたコテが多数整然と並べられています。 休憩時間に左官屋さんと作業内容、工程など打ち合わせしていると 真面目で気さくな人だとわかります。 大工さん、瓦屋さん、電気屋さんなどの技術の集積により家が完成します。 工事中現場に来て職人さんと話しをすると専門的な話やアドバイスもされると思います。 引っ越し後に職人さんの思いが伝わってくると思います。 今週末に内見会があります。見に来てください。

平屋アメリカン

皆様こんにちは!!竹澤です。 最近世間では平屋が流行っているようで、E-H...

無垢床っていいな~

こんにちは、小坂です(^▽^)/  令和 2年になりました☆ 皆様にとって素晴...

いい-house

こんにちは篠平です。 I様邸を10月初めに上棟し、先月中頃にウレタン断熱工...

パリスタイル

皆様こんにちは。竹澤です! 現在お打合せさせていただいている提案パースです☆ ...

完成見学会の御礼

こんにちは☆小坂です(^^) 先週末、金沢市土清水で完成見学会させていただ...
2019.12.26
タイトルとURLをコピーしました