E-HOUSE MENU
E-HOUSEのプロヴァンスタイル E-HOUSEのプロヴァンススタイル
プロヴァンススタイル プロヴァンススタイル
“可愛い”と“心地いい”を詰め込んだ家

“可愛い”と“心地いい”を
詰め込んだ家。

主役は、無垢材や漆喰、瓦、テラコッタタイルなどの自然素材。 時とともに家全体が風合いを増し、床や壁の傷跡さえも味わいに。
今も大好きだけれど、10年先、20年先にはもっと愛しく思える。それがFrench Styleの家です。自分らしいテイストで居心地のいい空間をつくるフランス人のセンスにも学んで。

旅先で出会った、
何気ないけれど心惹かれる家。

北フランスの田舎町にぽつんと建つカントリーハウスの佇まい。
太陽が照りつける南フランス・プロヴァンスに映える、 ホワイトやアイボリーの塗り壁。
旅先で出会った風景の中にあった、何気ないけれど心惹かれる家。
アンティークテイストの玄関アプローチや木製ドア、 アイアンの妻飾りで、憧れの世界観を再現して。

旅先で出会った、何気ないけれど心惹かれる家
旅先で出会った、何気ないけれど心惹かれる家

旅先で出会った、
何気ないけれど心惹かれる家。

太陽が照りつける南フランス・プロヴァンスに映える、ホワイトやアイボリーの塗り壁。
北フランスの田舎町にぽつんと建つカントリーハウスの切妻屋根。
旅先で出会った風景の中にあった、何気ないけれど心惹かれる家。アーチ形の玄関アプローチや、アンティーク風の木製ドア、アイアンの妻飾りで、憧れの世界観を再現して。

家具や雑貨のコーディネートで、胸が高鳴る空間に

家具や雑貨のコーディネートで、
胸が高鳴る空間に。

室内も開口部をアーチにすると、空間に立体感と動きが生まれ、華やかな雰囲気に。日常のひとこまをちょっぴり豊かにしてくれる、上げ下げ窓やタイル張りのアクセントも忘れずに。
シャビーな家具をレイアウトすると、古いものを今の暮らしにミックスさせることに長けたパリジャンの部屋のよう。照明や家具、雑貨の使い方で、自分らしさを加えて。

施工事例

BLOG


2018年11月12日
完成予約見学会開催 11/23・24・25


2018年11月12日
完成見学会開催 11/17・18

INSTAGRAM

資料請求 トップへトップへ